借金は大きく人生を変えてしまうものでした

当時働いていた会社の給料が少なく遊ぶ金ほしさでした。周りの同世代の子たちより10万は給料が少なかったのに同じように遊びたくて無理をしていました。借りた時は一気に懐があたたかくなるのでおごったりもしていました。限度額まで使い終わったらまた借りるという行動を繰り返していました。

消費者金融五社から借金をしました。合計で100万はゆうに超えていました。20代前半のことです。現在は返済済みですが結果的には家族から借金することになりました。

借金する際には大して何も考えず借りました。しかし元の収入が少ないので返済に困るたびに借金を重ねました。返済ができなくなったので当たり前ですが取り立ての電話が鳴り響き、自宅や職場にまで訪ねてくる人がいました。職場にはいられなくなり、退職しました。ますますお金が厳しくなりますが収入はなくヤミ金にまで手を出そうとしましたが結局親にバレて泣かせてしまったのが辛かったです。自分では返済能力がないので結局親にお金を出してもらい借金を返済しました。自業自得ですが周りに全部バレて、身動きが取れなくなり、信用を失ったのが一番辛かったできごとです。一度でもそういうことがあったと知られれば今まで築いてきたものは消え去ります。家族との関係も悪くなりました。

自己破産や債務整理を考えて相談に行きました。違法な取り立てをしている会社があったので弁護士さんに間に立ってもらい、膨れ上がっていた借金が50万は減りました。取り立ての電話や郵便物などの記録を残しておくように言われて実行しました。証拠となるものは手元に置いておく大切さを学びました。私は100万を超える借金がありましたが自己破産ではなく、債務整理という形で片付けられるように消費者金融側との話し合いを進める方法を教えていただきました。その結果言われるがままに払っていた中から少ないですが返金もありました。まずは契約内容を一緒に再確認するところから始まり、返済の意思は見せながら消費者金融側のいきすぎたやり方をきちんと指摘してもらい、返済期限を決めてもらいました。その期限までは一切の取り立てをしないという約束を交わして働き始め、年数はかかりましたがきちんと返済し、自由の身になりました。消費者金融のおかしい部分は素人にはわからなかったので弁護士さんの切り込み方はすごいなとただただ感心しました。相談をしていなければまだ借金は残っていたと思います。