消費者金融と銀行からの借入を、債務整理するまで

まだ若いうちに結婚したのですが、体調を崩して働けない時期があり、生活費が足りなったことにより、補填のために借り入れをしたのが最初の借り入れ理由です。
その後に仕事などのストレスなどからパチスロに依存してしまい、ギャンブルで使いすぎた際にも、借り入れをしました。自転車操業で、借りては返す状態を繰り返していました。

消費者金融と、銀行から借入をしました。
借金は、現在も返済している最中です。あと5年で完済の予定です。

最初は、「借金は嫌だけれど、すぐ全額返すから問題ない」と考えていました。実際に、最初は、少額を借り入れ、数ヶ月内に全額返済していました。しかし徐々に感覚が麻痺していき、どんどん借り入れ額と借り入れ先が増え、多重債務の状態になりました。
家族には秘密にしていたため、「ばれたらどうしよう」と思いました。ときどき、全てが家族にばれてしまう夢を見てうなされました。次第に膨らんでいく借金こそが一番のストレスなのに、なかなかギャンブルと手を切ることも出来ずにいました。いつも、苦しくて憂鬱で、お金のことばかり考えていました。こんなはずじゃない、とか、もう死にたいとか、そういう考えに支配されることも珍しくありませんでした。よく「死ぬほうが辛いはず」という意見を耳にしますが、とてもそんな風に考えられませんでした。家族にばれて責められたり泣かれたり怒られたりすることを考えたら、全部が面倒に感じられたものでした。そういうことを乗り越えるくらいなら、一人で一生かかっても地道に返そう、と思ったりもしました。長い間、何をしていても借金が頭から離れず、自分が悪いのに、いつもつらい気持ちでした。

地道に返済を続けていたある日、失業することになってしまいました。次の仕事を探しても思うようには行かず、その段階で債務整理を決意し、弁護士さんに相談しました。
最初に無料相談に行った先の弁護士さんは、知識豊富でしたが、とても苦手なタイプで、怖くなってしまい、相談だけで、依頼はしませんでした。
・家族に内緒に出来るのか
・どの方法が適切か
・費用はどのくらいか
など、気になる部分をメモしていきましたが、半分も聞けませんでした。
ただ「家族には話すべき」とは言われました。しばらく悩みましたが、最終的に家族にも話しました。私の想像とは異なり家族は冷静に話を聞いてくれました。しばらく過ぎてから、別の弁護士さんに相談に行きました。そのかたは穏やかで優しく、しっかり話を聞いてアドバイスしてくれました。信頼出来ると感じ、その場で依頼しました。数ヶ月かけて分割で弁護士費用を払い、その後に任意整理。今も返済しています。相談したことにより終わりも見えましたし、家族には打ち明け協力も得られ、本当に良かったと感じています。